ネズミ駆除で求めらられる環境的防除とは

ネズミ駆除においては様々な方法が知られていますが、最も基本的な方法としては、ネズミが生息しにくい環境を維持することで行う環境的防除が重要とされています。

日本経済新聞情報をほぼリアルタイムに更新、紹介するサイトです。

環境的防除は即効性には乏しいものの非常に大切な駆除方法として専門家からも推奨されており、駆除効果を得るためには、ここでの内容を十分に把握しておくことが必要となります。

ねずみ屋根裏の情報をご案内しているサイトです。

環境的防除のポイントとしては大きく3つの内容があり、まず、1つ目としては、ネズミに餌を与えないことがあります。

ネズミの特徴として飢えには非常に弱い点があります。

また、体や胃がd小さいために1日に食事をする回数が多く、気温や食糧不足などの条件が重なった場合には1日程度で死んでしまうこともあります。

そのために、建物内にある食料品の管理は徹底して行う必要があり、人間が食べるものだけでなく、ペットフードの保管にも注意をすることが重要になります。2つ目のポイントとしては建物内部に巣を作らせないことがあります。

習性として、巣作りにありとあらゆるものを利用することがあり、例えば、新聞紙や雑誌、ビニール、布といったものを材料にしてしまいます。
そのために、室内の整理整頓はもちろんのこと、ゴミなどは屋外に出す必要があり、普段使用してない物入や押入の内部にも気を配る必要があります。



3つ目としては建物内部への侵入阻止があります。


ネズミはわずかな隙間からでも侵入をすることができます。

仮に侵入口が小さくても齧って穴を大きくして侵入でき、隙間だけでなく、例えば、換気扇、通風孔、排水管といった場所も対象となります。
侵入されそうな箇所は、事前に塞ぐか金網等で措置を施しておく必要があり、侵入されないことで巣作りなど、住み着いてしまうことを避けることができます。