ネズミの特性とその駆除について

日本において家屋に棲みつき、害を及ぼすネズミとしてはクマネズミがあげられます。



体長は20センチ前後でしっぽが長く、穀物を中心に何でも食べる雑食性です。

ネズミ退治の情報をお知らせします。

また垂直移動や綱渡りが得意で、壁伝いや電線、配管を登る様子がよく目撃されます。

ロケットニュース24に関連する情報や口コミを扱っているサイトです。

夜行性であり、日没後に活発に行動を開始しますが、警戒心が強く物陰を通路として利用するのでほとんど広い空間には出てきません。
ネズミの侵入口となりやすい場所としては、建物と基礎の間の隙間や、電線導入部と壁との隙間、屋根下の通気口やひさしの下の隙間などがあります。足跡やかじり痕、汚れなどが残っている場合が多いので目安となります。

侵入口を発見したら金網やパテなどで塞ぐことにより、外部からの侵入を防ぐことができます。
ネズミの駆除の方法としては殺鼠剤による駆除が効果的です。最も効果的なのは食欲の増加する晩秋から冬にかけての時期で、台所などの被害が発生した場所に殺鼠剤を複数個所設置します。
警戒心が強いので食べるまでには時間がかかりますが、しばらく放置して動かさないようにし、餌の存在に慣れさせます。


殺鼠剤の入った毒餌を食べると体に変調をきたすことから、粘着剤にかかりやすくなります。


そのため殺鼠剤と粘着剤を併用することにより効果を高めることができます。


毒餌がなくなっていてもネズミには食料をため込む習性があるため、食べるまでに時間がかかる場合があります。

しばらくは様子を見るようにして、気長に根気強く駆除を行うことが大切です。